シックハウス,相談窓口

プロのアドバイスが必要です!

シックハウスの原因となる自宅から化学物質を取り除くことも容易なことではありません。
多額のお金がかかる場合もあります。
相談したくても、周囲にシックハウスに精通している人がいないということがほとんどです。

住宅や化学物質の調査、健康被害などについて、適格なアドバイスをしてくれる相談窓口がいくつかあるので、気軽に相談してみると良いでしょう。

相談するときに必要な事柄

相談する前に下記の事柄を自分なりにまとめておくと、相談相手に状況が伝わりやすくなります。

症状について

家族全員の症状の有無と、発症時期を控えておくと良いでしょう。症状が出た家族のそれぞれの症状なども詳しく伝えられるようにしておくと良いです。

住宅について

住宅の種類(戸建なのか、集合住宅なのか)や住宅の工法(木造軸組やプレハブなど)、施工業者などを確認しておきましょう。
工事が完了した年月日、入居を開始した年月日、引渡しの年月日も重要です。

また、住宅の臭いについても家族や第三者に確認しておきましょう。入居したばかりの頃と現在の室内の臭いについてわかると役立ちます。

以前住んでいた住宅について

築年数や構造、何年くらい住んでいたのかを確認しておきましょう。

換気について

24時間換気システムが設置してあったのか、換気方法はどのように行っていたのかなど、換気についての事項はとても大切なので、家族全員に確認する必要があります。

室内に持ち込んだ家具や生活用品

新品家具や芳香剤、防虫剤、消臭剤などの持込の有無について確認しておきましょう。

空気測定について

空気測定の方法や使用した機器名、測定した物質について確認しておきましょう。(空気測定を行っていない場合は、必要ありません)

シックハウス診断士に相談したい!

シックハウスは患者やその家族だけでは対応しきれない場合が多いです。
住環境や身体症状について、相談に乗ってくれるところをあちこち探すのだといいます。
シックハウスに関するさまざまな知識と経験のあるシックハウス診断士に相談するのも良いでしょう。

シックハウス診断士に相談するには?

シックハウス診断士協会では、メールにて無料で相談を受け付けています。また、ホームページから全国のシックハウス診断士協会会員の検索もできます。
NPO法人 シックハウス診断士協会
HP http://www.sicklife.jp/index.shtml

地域の役所で相談してみましょう。

多くの地方自治体でシックハウスに関する無料相談窓口を設けています。(役所の生活衛生課や保健所が対応してくれる場合が多いです。)

保健所などでは、相談を受けるだけでなく、揮発性化学物質の測定を無料で行ってくれるところもあります。

  • 家具にもホルムアルデヒドが! - 日用品・車でもシックハウス症候群に
  • シックハウス症候群とは? - 目に見えない化学物質が健康を冒す

  • 【シックハウス症候群の基礎知識】原因や症状と化学物質過敏症との関係
  • 【シックハウス症候群の被害例】新築!中古?家具や車も要注意!
  • 【シックハウス症候群対策】換気やフォースターで対策!簡易型検査キットもご紹介
  • 【シックハウスの症状が現れたら…】病院での診察・改善のための原因除去・相談窓口活用法
  • 【シックハウスコラム】空気清浄機とシックハウス診断士について