フォースター

フォースター「F☆☆☆☆」とは?

建材や塗料、内装材、接着剤などのホルムアルデヒド発散速度に応じてF☆☆☆☆からF☆で区分しています。
ホルムアルデヒド発散速度が遅いほど☆の数は多く、ホルムアルデヒドの発散量が少ないことを示します。最もホルムアルデヒド発散速度の速い(発散量が多い)「F☆」では内装の仕上げへの使用は禁止されていて、最も発散速度の遅い(発散量が少ない)「F☆☆☆☆」以外は区分ごとに使用面積などの制限がされています。

規格 ホルムアルデヒドの
発散速度
ホルムアルデヒドの量 内装仕上げの制限
F☆☆☆☆ 0.005mg/h以下 多い 使用制限なし
F☆☆☆ 0.005〜0.02
mg/h以下
使用面積を制限
F☆☆ 0.02〜0.12
mg/h以下
使用面積を制限
F☆ 0.12 mg/h〜 少ない 使用禁止

フォースター商品は安全!?

フォースター商品はシックハウスの原因物質であるホルムアルデヒドの発散量が少ないことを確認できますが、ホルムアルデヒドが全く含まれていないというわけではありません。
ホルムアルデヒドの発散量がゼロではないので「フォースターだから大丈夫」と安心はできないのです。

「F☆☆☆☆の建材しか使用していないのに、シックハウスになった」というケースもあるようです。
ホルムアルデヒドの発散量が少ないF☆☆☆☆であっても、少量のホルムアルデヒドを発散する建材に囲まれて生活していたら、シックハウスを発症する場合もあります。

F☆☆☆☆の規格のものであっても、しっかり換気を行う必要があります。
また、ホルムアルデヒドは水溶性なので、水で絞った雑巾などで拭くと良いです。

ホルムアルデヒド以外の化学物質は?

建築基準法でフォースター(F☆☆☆☆)によって、ホルムアルデヒドが制限の対象となっています。
そのほか、クロルピリポリス(白アリ駆除剤)の使用が禁止となりました。

しかし、厚生労働省が定めた13物質のうち、ホルムアルデヒドとクロルピリポリスのみの使用が制限・禁止となっていますが、他の物質は異なります。
また、健康を害するVOCは厚生労働省が定めた13物質以外にもたくさんあります。
換気を充分に行い、室内の空気の汚染を防がなければいけません。

建材選びはどうしたらいいの?

「F☆☆☆☆の建材でも心配だ」という人は、無垢材や天然素材の建材が良いでしょう。
無垢材はF☆☆☆☆の規制対象ではなく、使用制限はありません。接着剤の使用も極わずかであり、安全とされています。

また、化学物質安全性シート・製品安全データシート(MSDS)には原材料の安全性が記載されているので、取り寄せて確認するのも良いでしょう。

  • 家具にもホルムアルデヒドが! - 日用品・車でもシックハウス症候群に
  • シックハウス症候群とは? - 目に見えない化学物質が健康を冒す

  • 【シックハウス症候群の基礎知識】原因や症状と化学物質過敏症との関係
  • 【シックハウス症候群の被害例】新築!中古?家具や車も要注意!
  • 【シックハウス症候群対策】換気やフォースターで対策!簡易型検査キットもご紹介
  • 【シックハウスの症状が現れたら…】病院での診察・改善のための原因除去・相談窓口活用法
  • 【シックハウスコラム】空気清浄機とシックハウス診断士について