シックハウス,簡易型検査キット

シックハウス簡易型検査キットによる化学物質測定

シックハウス簡易検査キットはインターネットや電話で申し込めます。
住所・氏名・電話などを申し込みフォームで送るだけで、検査キットが送られてきます。

簡易検査キットによる検査方法

  1. 送られてきた検査キットの説明書をしっかり読みましょう。
    正しい検査方法でなければ、正確な結果を得られません。
  2. ガスチューブを測定する部屋の上方に取り付け、24時間そのままにしておきます。
  3. 24時間たったらガスチューブをケースに入れ、クール便で検査会社に郵送します。
  4. 数日後分析結果が送られてきます。

分析結果は正確なの?

シックハウス簡易検査キットによる室内の空気の分析は多くの会社で行っています。
信頼できる検査機関を利用するようにしましょう。

ホルムアルデヒド測定器を使って自分で測定

ホルムアルデヒドを測定できる検知器などが市販されています。
検査機関に測定を依頼すると、測定するたびに費用がかかり、分析に数日かかってしまいますが、測定器ではわずかな時間で有害物質の濃度が測定できます。

しかし、測定機関に依頼すると測定結果は明確ですが、測定器での測定結果は、使用する機器によって明確でない場合も。濃度の目安を知るには、とても有効です。

ポータブル式なので出かけた先でも測定でき、ほとんどの測定器がボタンを押すだけの簡単操作なのは便利です。

測定器のレンタルも利用しよう!

測定器は数万円〜30万円と高額ですが、レンタルもあるので手軽に利用できます。
レンタル期間は5日程度〜となっているので、引越しや新築、リフォームの予定がある場合は、あらかじめ手配しておくと良いですね。

試験紙を使えばホルムアルデヒド測定も格安に!

ホルムアルデヒド検出試験紙が、インターネットなどで購入できます。価格は数百円で、空気汚染が気になる室内に試験紙を設置するだけで、自分で測定できます。(測定には室内に設置後5〜10時間ほどかかります。)

しかし、高い濃度には反応しますが、低い濃度になるとあまり反応しないので、あくまでも目安と考える必要があります。
明確な濃度を測定する場合には、他の方法での測定が必要です。

室内のホルムアルデヒドを放出している原因が何なのかを調べる際には、建材や家具などに貼り付けて使用できます。
家具などを持ち込む前にホルムアルデヒドを放出しているかどうか調べたり、持ち込みたい建材がホルムアルデヒドを揮発しているかなどを調べるのに役立ちます。(正確な放出量は調べることはできません。)

  • 家具にもホルムアルデヒドが! - 日用品・車でもシックハウス症候群に
  • シックハウス症候群とは? - 目に見えない化学物質が健康を冒す

  • 【シックハウス症候群の基礎知識】原因や症状と化学物質過敏症との関係
  • 【シックハウス症候群の被害例】新築!中古?家具や車も要注意!
  • 【シックハウス症候群対策】換気やフォースターで対策!簡易型検査キットもご紹介
  • 【シックハウスの症状が現れたら…】病院での診察・改善のための原因除去・相談窓口活用法
  • 【シックハウスコラム】空気清浄機とシックハウス診断士について