シックハウス対策

シックハウス対策は換気が第一!

新築やリフォーム、新品家具の購入をした場合は、化学物質が放出している場合があるので、化学物質を室内に留めておかないように換気を行うことが必要です。
特に、新築やリフォームをきっかけに新しい家具を購入した場合などには、特に気をつけなくてはいけません。

24時間換気システムの設置が義務付けられています。

近年の住宅は高気密化が進んでいます。それに加え、エアコンの使用などで窓を開けることも少なくなっています。
シックハウスの原因となる化学物質が室内に放出されている場合、室内の空気汚染が進んでしまいます。

平成15年の改正建築基準法が施行され、ホルムアルデヒドに関する建材・施工材の制限に加え、24時間換気システムの設置が義務付けられました。
換気システムは1時間で室内の半分の空気が入れ替えることができ、シックハウス症候群を防げます。

24時間換気システムはコストがかかるのでは?

24時間換気システムを使用すると、光熱費がかかるというデメリットがあります。
中には、「お金がかかる」「もったいない」という理由から、スイッチを切ってしまっている人もいるようです。

しかし、換気システムが設置してあるにも関わらず使用せずに、汚染された空気の中で生活をしていたら、シックハウスを発症してしまうかもしれません。
近年の換気システムは、低コストになっているものが多いです。
24時間つけておくようにしましょう。

必要換気量と必要換気回数

住宅の高気密・高断熱化が進み、「換気が重要だ」という声をよく耳にするようになってきました。
また、「必要換気量」「必要換気回数」という言葉もよく耳にします。シックハウスを防ぐため、必要換気回数などが建築基本法でも規定されているのです。

必要換気量とは何?

必要換気量とは、室内の二酸化炭素や化学物質を排出し、室内の空気を清潔に保つために必要な換気量を言います。
一般的に住宅の必要換気量は一人当たり20〜30m3/hとされています。

必要換気回数とは何?

室内の空気が単位時間に入れ替わる回数を必要換気回数といいます。
一般的な住宅では0.5回/hとされています。

喫煙している場合や、化学物質による空気汚染の心配がある場合には、換気量を増やすため、回数も増やす必要があります。

冷暖房の使用には注意が必要!

冷暖房の使用時も換気を行う必要があります。
どうしても、冷暖房を使用すると閉め切った状態にしてしまいがちですが、換気システムと冷暖房を併用しなければいけません。
暖房を使用して部屋を温めすぎてしまうと、化学物質の放出量を増加させてしまうので注意が必要です。

また、ストーブやファンヒーターなどの排気を室外に排出できない暖房機器は空気を汚す原因になるので使用を控えた方が良いでしょう。

化学物質を放出するものは室内に持ち込まない!

換気をしていても、化学物質の原因となるものを室内に持ち込んでしまうと、シックハウスを発症してしまうこともあります。
家具・カーテン・じゅうたん・日用品・芳香剤・殺虫剤などを購入する際には、表示などをしっかり見て、確認してから購入するようにしましょう。

新しい家具はしっかり拭いてから使用する。

新しい家具は、ホルムアルデヒドの発生源となってしまうことも。購入の際に、化学物質が含まれているかどうか、臭いがないかを確認する必要もありますが、必ず水で絞った雑巾で家具を拭いてから使用するようにしましょう。

ホルムアルデヒドは水に溶けやすい性質があるので、放出量を減少させられます。
また、ホルムアルデヒドを吸着するシートやワックスを使用するのも良いでしょう。

カビ・ダニを防いでシックハウス対策

カビ・ダニはシックハウスだけでなく、ぜんそくやアトピーなども引き起こすアレルゲンです。
自分で気付いていなくても、室内にカビ・ダニが発生している場合もあるので、カビ・ダニの測定を行うのもおすすめです。

住まいが高気密の構造となり、湿気がこもりやすく、カビが発生しやすくなっています。
また、カビが発生すると、ダニも発生しやすくなってしまいます。換気をして湿度の管理を行い、カビの栄養となるチリ・ほこりを掃除で除去し、カビ・ダニ対策でシックハウスも予防しましょう。

  • 家具にもホルムアルデヒドが! - 日用品・車でもシックハウス症候群に
  • シックハウス症候群とは? - 目に見えない化学物質が健康を冒す

  • 【シックハウス症候群の基礎知識】原因や症状と化学物質過敏症との関係
  • 【シックハウス症候群の被害例】新築!中古?家具や車も要注意!
  • 【シックハウス症候群対策】換気やフォースターで対策!簡易型検査キットもご紹介
  • 【シックハウスの症状が現れたら…】病院での診察・改善のための原因除去・相談窓口活用法
  • 【シックハウスコラム】空気清浄機とシックハウス診断士について