シックハウス

家に帰ると体調が悪くなる…

念願の新築マイホーム。しかし、家に入ると頭痛がして、具合が悪くなってしまう… 家の壁紙や床、さまざまな建材から揮発される有害な化学物質が室内の空気を汚染すると、さまざまな症状を引き起こします。
このような、住居が原因となる健康障害をシックハウス症候群と言い、海外ではシックビルディングと呼ばれています。

新築の住宅や住宅のリフォームが関係しているケースが多いため、「新築病」とも呼ばれています。

家のあらゆるところに化学物質が…

シックハウスの原因は、建物を建てる時に使用される建材や家具、カーテンなどに含まれる化学物質です。
自分では気付いていない場合が多いですが、化学物質が含まれているものは身の回りにたくさんあります。

化学物質は目には見えませんが、揮発して室内の空気を汚染しているのです。

化学物質は建材の多くに含まれています。

家は木材で建てる場合が多いです。
「木材に化学物質!?」と思ってしまいますが、木材には防腐処理が施されている場合があります。
木材の他にも合板・接着剤・塗料・断熱材・壁紙・床材など多くの建材に化学物質が含まれています。

家具にも化学物質は含まれている!?

新品の家具には、建物の建材と同様に塗料や防腐剤、接着剤が使われているので化学物質を揮発しているものもあります。
新しい家に新しい家具…理想的ではありますが、もしかしたら化学物質を多量に揮発しているかもしれません。

子どもの学習机にも化学物質を揮発しているものが見つかっています。
また、通信販売で購入した場合に、梱包したとたんに目の痛みを訴えたというケースも。

布製品からも化学物質が揮発しています

カーテンやカーペットなどの布製品にも化学物質が含まれています。
布製品にも防炎加工や抗菌加工が施されているものが多く、カーペットの場合は裏打ちに使われている合成ゴムにも化学物質が含まれている場合が多いです。

日用品に化学物質が含まれている場合も…

どこの家にもあるような消臭剤・殺虫剤・化粧品などにも化学物質が含まれている場合があります。
子どものエンビ製のおもちゃにも化学物質が含まれていることも…

また、タバコの煙にも化学物質が含まれています。

省エネのための高気密化も原因に!?

「省エネルギー住宅」という言葉を近年よく耳にしますが、高気密住宅は省エネルギーを実現でき、メリットがたくさんあります。
しかし、高気密化にはデメリットもあるのです。

高気密化のデメリットとは?

高気密の家とは、天井と壁などの隙間がなく冷暖房の無駄をなくせるものです。
隙間がなく、家の中の空気が逃げにくいということは、一見とても良いことのように感じますが、デメリットもあるのです。

家の中にある建材や家具などが揮発する化学物質が、換気を行わなければ部屋にこもってしまい、空気を汚染してしまいます。
住宅の高気密化もシックハウスの原因と考えられています。

建築基準法が改正され、24時間換気することが義務付けられました。
換気システムをつけっぱなしにすることが「もったいない」と感じる人が多いようですが、高気密住宅では換気を行うことでシックハウスを防げる場合もあります。
定期的に換気を行い、室内の空気汚染に対する意識を持つことが大切でしょう。

  • 家具にもホルムアルデヒドが! - 日用品・車でもシックハウス症候群に
  • シックハウス症候群とは? - 目に見えない化学物質が健康を冒す

  • 【シックハウス症候群の基礎知識】原因や症状と化学物質過敏症との関係
  • 【シックハウス症候群の被害例】新築!中古?家具や車も要注意!
  • 【シックハウス症候群対策】換気やフォースターで対策!簡易型検査キットもご紹介
  • 【シックハウスの症状が現れたら…】病院での診察・改善のための原因除去・相談窓口活用法
  • 【シックハウスコラム】空気清浄機とシックハウス診断士について